アルギニンを含む食べ物を完全分析!子供におすすめの食材って何?

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」 テレビ番組で身長サプリが特集!

子供にサプリメント!?という世間の否定的な声と、実際に使っているお母さんの心情、両面から描かれています。今、身長サプリメントを考えているお母さんにぜひ見てほしい内容です。放送内容をこちらにまとめています。

アルギニンというと、サプリメントで摂るという印象が強い栄養素ですよね。ところがアルギニン、実はアミノ酸の一種。肉や魚、豆類など、「普通の食品」に含まれています。ただし、アルギニンを多く含むのは、豚ゼラチンや湯葉・鰹節など。あいにく、まとまった量が摂りにくい食材ばかりなのです。

そこで今回は、アルギニンを含む食べ物を完全分析!成長著しい小学生や中学生におすすめの食材をセレクトしました。ぜひ、毎日の献立作りの参考にしてくださいね。

arg003mv

>>おすすめ食材1)大豆類

栄養素の含有量を調べるために、文部科学省が公表している「日本食品標準成分表」を使っている人も多いのでは?手元にある2010年版によれば、アルギニンを多く含むのは、加工品の「大豆たんぱく」や「湯葉」など。全食品におけるベスト10のうち、大豆類が7つを占めているのです。

「じゃあ、毎日の食卓に湯葉を!」と思っても、何やら違和感が。というのも、湯葉は成長期の子供にはなじみの薄い食材。子供向けの料理に取り入れるのは、少しハードルが高そうですね。

アルギニンを多く含む大豆類の中で、比較的食べやすい食材といえば、「高野豆腐(凍り豆腐)」でしょうか。ただしカロリーが高めで、栄養素が全般的に低いのが玉にきず。こちらも、「これならバッチリ!」と太鼓判を押すには……という食材です。

「それなら、木綿豆腐は?」「納豆も大豆じゃないの?」と思うかもしれません。ただ残念ながら、木綿豆腐や納豆はアルギニン含有量が少なめ。小学生や中学生のアルギニン源としては、大豆類はベストマッチしない食べ物かもしれませんね。

ただ、含有量で考えれば、やはり大豆類は優秀。「大豆類はアルギニンが豊富!」と覚えておいて、可能な限り食卓に取り入れてあげたいものです。

>>おすすめ食材2)肉類

毎日の食卓に無理なく取り入れられるのが、「肉類」です。中でもアルギニンを豊富に含むのは、豚ゼラチン。「100gあたり7,900mg」と、全食品の中で断トツの含有量を誇っています。

豚ゼラチンは皮に多く含まれているので、豚の角煮などで食べるのがいいでしょう。下ごしらえさえしておけば、あとはコトコト煮るだけ。調理も簡単です。しかも、大根やゆで卵も一緒に煮ておけば、立派な一品に。トロトロに柔らかい角煮は、ごはんも進みやすく、子供たちの人気メニュー。ご主人のお酒のアテにもなるので、一石二鳥ですよ。

ただし、豚ゼラチンにこだわる必要はありません。牛や鶏、また豚肉のゼラチン質ではない部位にも、「100gあたり1,300mg~1,400mg」と、アルギニンが豊富に含まれています。

肉類はアルギニン以外のアミノ酸のバランスも良く、なんといっても子供たちにとって大好物。無理なくおいしく食べられるというのが、子供たちにとっては一番のメリットですね。

とはいっても、摂りすぎはキケン!カロリーオーバーを招き、肥満を引き起こしてしまいます。たとえばハンバーグやステーキなどのように、肉類をメイン料理にするなら、野菜もプラスしてあげましょう。焼き野菜をたくさん添えたり、根菜たっぷりのスープを組み合わせたりして、バランスよく栄養が摂れるように工夫してあげてくださいね。

>>おすすめ食材3)魚介類

次におすすめしたいのが、魚介類です。特に、エビやマグロはアルギニンがとても豊富。エビには、肉類の約1.5倍ものアルギニンが含まれています。マグロは、アルギニンの吸収率をアップさせるビタミンB6もたっぷり!相乗効果も期待できそうです。

肉との大きな違いは、魚介類だと「生」と「加熱」の両方で食べられるということ。調理法が増えれば、食事のバリエーションも広がって助かりますよね。しかも、「加熱調理しても、あまり量が損なわれない」というのも、うれしい限りです。

そうそう。子供が大好きなお寿司なら、生でもたくさん食べやすいですね!週末はマグロやエビをたっぷり用意して、家族で手巻き寿司を楽しんではいかがですか?

基本はバランス栄養食!毎日の食事で子供の健康づくり

今回は、アルギニンを多く含むおすすめ食材を紹介しました。「大豆類」「肉類」「魚介類」の3つを頭に入れておき、毎日の食事づくりに活かしてくださいね。

ただし子供の成長に必要な栄養素は、アルギニンだけではありません。「アルギニンを摂らなきゃ!」と必死になるのではなく、さまざまな栄養をまんべんなく摂ることが大事。やはりバランスのとれた毎日の食事が、何より大事ということですね。

もし「最近忙しくて、少し栄養が偏りがちかも」「本当にいろいろな栄養が摂れているかな?」と、子供の栄養摂取に不安を感じるなら、サプリメントを利用するのも一つの手。ただし、成長期の子供に必要な栄養素がバランスよく含まれた、総合栄養タイプのサプリメントを選んであげてくださいね。

インターネットで、「成長期 サプリメント」「成長期 総合栄養 サプリメント」などとキーワードを入れて、検索してみましょう。子供の成長をサポートしてくれるサプリメントが、きっと見つかるはずですよ!

今すぐクリック→【特別版】背を伸ばすためにサプリメントは本当に必要なのか?

■ コロッケひろば推奨!成長サプリメント!

<2017年7月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算8回目の受賞!今回、2017春期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

▼ この記事と一緒によく読まれている人気記事はこちら

このページの先頭へ