カルシウムがなくなる!?骨を溶かす炭酸飲料のウワサは、ホント?

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」 テレビ番組で身長サプリが特集!

子供にサプリメント!?という世間の否定的な声と、実際に使っているお母さんの心情、両面から描かれています。今、身長サプリメントを考えているお母さんにぜひ見てほしい内容です。放送内容をこちらにまとめています。

保護者さまの世代なら、「コーラは骨を溶かす」「サイダーを飲みすぎると骨がもろくなる」という話を、一度は耳にしたことがあることでしょう。炭酸飲料の魅力は、飲んだときの爽快感。その一方で、口の中に広がるシュワーっとした刺激が、たしかに骨を溶かしそうな印象を与えますね。

果たして、「炭酸飲料は骨を溶かす」というウワサは本当なのでしょうか?それとも、ただの「イメージ」なのでしょうか?小学生や中学生が炭酸飲料を飲んでも大丈夫なのか、真実に迫ります。

ca009mv

気になる!炭酸飲料と骨のホントの関係

コーラやサイダーなどの炭酸飲料には、炭酸やリン酸をはじめとする「酸味料」が含まれています。程度の違いはあっても、塩酸や硫酸と同じ「酸性」の液体なのです。

酸には、カルシウムを溶かしてしまう性質があります。だから、炭酸飲料の中に「カルシウムの塊」である骨がどぼんと浸かっていれば、いずれ骨は溶けるわけです。小学校の保健室を思い出してください。炭酸飲料の中に魚の小骨などを入れて放っておくと、骨が溶けてボロボロになってしまう展示がありませんでしたか?あの展示は、酸を利用した仕掛けだったのです。

だからと言って、「炭酸飲料を飲めば骨が溶ける」と考えるのは早合点というもの。保健室に置かれていた展示の小骨は、長期間「炭酸飲料漬け」になっています。人間の身体の構造を考えてみてください。飲んだコーラやソーダが、直接骨に触れることはあるでしょうか?どっぷりと炭酸飲料漬けになることはあるでしょうか?答えは「NO!」ですよね。「炭酸飲料を飲めば骨が溶ける」というのは、かなり極端な言い方ということです。

ちなみに、炭酸飲料の酸性はそれほど強くありません。もっと強力なのは、普通のお酢(酢酸)。こちらのほうが、何倍も早く小骨を消滅させます。酢につけることで骨を気にせず食べられる「小アジの南蛮漬け」などは、その性質を利用した料理の一つですよね。

要注意!「糖分」と「食品添加物」が骨を溶かす!?

炭酸飲料だけがやり玉に挙げられていますが、注意すべきは炭酸飲料だけではありません。市販されているほぼすべてのジュースに、砂糖と食品添加物が大量に含まれています。この2つの要素に注目すると、「骨を溶かす」という話も、あながちウソとは言えないのです。主な理由を2つお伝えしましょう。

>>理由1)「糖分」が身体を酸性に傾ける

糖分はもちろん、生きていく上で重要なエネルギー源。ただ代謝される際に、副産物として乳酸を生成します。大量の乳酸は、身体を酸性に傾ける原因に。すると身体は、「弱アルカリ性に戻さなくては!」と判断し、中和するためにカルシウムやミネラルを消費。骨からどんどんと、カルシウムが排出される状態になってしまうのです。

>>理由2)「食品添加物」がカルシウムを排出する

市販されている食品には、リン酸をはじめとした食品添加物が多く使われています。過剰摂取されたリン酸は、腸内でカルシウムと結びついて「リン酸カルシウム」に。すると腸から吸収できずに、便として排出されてしまうのです。

500mlのジュースの中に、角砂糖が10個以上も!?

多くの子供は、市販のジュースが好き。身体に悪いとは分かっていても、子供が飲みたがる様子を見るとつい「ちょっとぐらいなら……」と妥協して、与えてしまう保護者さまも多いのでは?

「1本だけなら」と思って飲ませた500mlペットボトル入りのジュース。その中に、どれだけの砂糖が含まれているか、ご存じですか?なんと角砂糖(6g)に換算すると、平均して10個分以上!想像しただけでも恐ろしい量ですよね。

しかも、角砂糖を1個摂るだけで、「牛乳7本分のカルシウムが消費される」という説も。砂糖や添加物がどっさり入ったジュースは、肥満の原因にもなり、成長ホルモンの分泌まで減らしてしまう恐れがあります。子供の身長を伸ばすことにも、悪影響を及ぼしかねません。

炭酸飲料だけではなく、余計な糖分や添加物が含まれているジュースは、なるべく飲まないように注意してあげたいものですね!

今すぐクリック→【特別版】背を伸ばすためにサプリメントは本当に必要なのか?

■ コロッケひろば推奨!成長サプリメント!

<2017年7月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算8回目の受賞!今回、2017春期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

▼ この記事と一緒によく読まれている人気記事はこちら

このページの先頭へ