低身長だけじゃない!カルシウム不足が招く「子供の3大症状」とは?

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」 テレビ番組で身長サプリが特集!

子供にサプリメント!?という世間の否定的な声と、実際に使っているお母さんの心情、両面から描かれています。今、身長サプリメントを考えているお母さんにぜひ見てほしい内容です。放送内容をこちらにまとめています。

カルシウムが不足すれば、身長や健全な成長の妨げになってしまいます。しかも、不足したまま放っておくとさらに恐ろしい事態に。その弊害は、高齢者に多い「骨粗しょう症」だけにとどまりません。実は子供にも重大な事態を引き起こしてしまうのです。

そこで今回は、子供でも起こりうる「カルシウム不足による症状」を3つピックアップ。この機会に、「起こりうる危険」をチェックしておきましょう。

ca003mv

データが実証!日本人は慢性的なカルシウム不足

健康的な体を保つために欠かせないカルシウム。ところが、厚生労働省が毎年行っている「国民健康・栄養調査」によれば、日本人のカルシウム摂取量は例年、目標値を下回っているのです。

骨や歯の主成分であるカルシウムが不足すると、骨がもろくなったり変形したりします。高齢者の「骨粗しょう症」が、その代表格でしょう。健康を保つためには、普段の食生活を見直したり、カルシウム配合のサプリメントを利用したりして、意識的にカルシウムを摂取することが大切なのです。

子供がキケン!その症状、もしかしてカルシウム不足かも?

ただし、カルシウム不足は高齢者だけの問題ではありません。カルシウムが不足すれば、子供にも悪影響を及ぼします。代表的なものを3つ紹介しましょう。

>>症状1)情緒不安定

イライラしている人をみると、「カルシウム不足じゃない?」なんて、よく言いますよね。これ、実は本当のこと。カルシウムが不足すると情緒不安定になることが、医学的に認められています。

もちろん、「カルシウム不足=情緒不安定」という単純な話ではありません。実際の医療の現場において、カルシウム不足だけが情緒不安定の原因とされるケースはまれ。ですが、子供が明るく前向きな気持ちでいられるように、カルシウムはしっかり摂っておきたいですね。

>>症状2)アレルギー性疾患

カルシウムは、細菌やウイルスなどの「よそ物」が体内に入ってくると、すばやく「侵入情報」をキャッチ。免疫細胞に、「異物が侵入した!」という情報を伝えます。

ところがカルシウムが不足すると、情報交換がスムーズにいかないように。その結果、何かと過剰に反応するようになり、異物と勘違いして正常な細胞までも攻撃。アトピー性皮膚炎や花粉症など、アレルギー症状を引き起こす原因になります。また、皮下組織の充血などを防ぐ役割もあるため、不足するとじんましんの原因になるとも指摘されています。

>>症状3)歯やあごの質の低下

成長期においてカルシウムが不足し、骨がスカスカになってしまうと、骨の形成や身長にも悪影響が。もっとも怖いのは、歯やあごの骨の発達に支障をきたしてしまうことです。

歯やあごがうまく正常に発達しないと、当然噛みづらく、食べ疲れしやすくなります。また、歯で食いしばれなければ力も入らず、踏ん張れません。その結果、「食欲の減退」や「運動能力の低下」につながるのです。

また、肩や首まわりの筋肉が常に緊張状態になり、痛みが出ることも。痛みは肩だけでなく、多くは背中や腰にも及ぶため、肩こりや腰痛の原因になってしまいますよ。

いつもの料理にひと工夫!賢く&おいしくカルシウム補給を

日本人のカルシウム不足を招いている主な原因は、「食生活の欧米化」にあります。昔ながらの和食を食べていたころは、魚や大豆製品、緑黄色野菜を食べることで、自然とカルシウムを摂取していました。ところが食生活が欧米化して、肉をたくさん食べるようになり、その状況は一変。インスタント食品の登場回数が増えたこともあり、カルシウム摂取量は減る一方なのです。小さいころはなるべく、魚料理を中心とした「昔ながらの和食」で育ててあげたいものですね。

とはいっても、子供はやっぱり肉が大好き!「ハンバーグが食べたい」「ステーキにしてほしい!」とリクエストされることも多いでしょう。それならば、いつものハンバーグに豆腐を混ぜて「豆腐バーグ」にしたり、ステーキには、緑黄色野菜の付け合わせをたっぷり添えておいたり。ちょっとした工夫で、カルシウムを摂れるようにしてあげてくださいね。

今すぐクリック→【特別版】背を伸ばすためにサプリメントは本当に必要なのか?

■ コロッケひろば推奨!成長サプリメント!

<2017年7月速報> 健康部門 3年連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算8回目の受賞!今回、2017春期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

▼ この記事と一緒によく読まれている人気記事はこちら

このページの先頭へ