実は、骨だけじゃない!?神経や脳にも関わるカルシウムの働きって?

カルシウムと聞くと、何を連想しますか?きっと多くの保護者さまが、「カルシウム=骨」という図式を真っ先に思い浮かべることでしょう。たしかにカルシウムの最大の役割は、「身長の増加によって伸びた骨を強くする」こと。でも実は、カルシウムは他にも、「生体機能を保つ」という重要な役割を担っています。大切な子供の健康を守るためにも、意外と知られていないカルシウムの働きを理解しておきましょう。

ca002mv

体内のカルシウムのうち、 99%は「骨強化」に使われる!

カルシウムは、人間の身体にとって大切な栄養素。「子供の骨の材料になるから」と思う保護者さまが多いことでしょう。

たしかに、カルシウムのもっとも大きな仕事は「骨を強くする」こと。体内のカルシウムの99%は、骨や歯に蓄えられています。カルシウムが骨を強くしてくれるからこそ、私たちは走ったり跳んだりできます。まっすぐ立っていることも、しゃがむこともできます。また、何らかの衝撃を受けても、骨が内臓をしっかりと守ってくれます。

骨はいわば、「人体の軸」でもあり「防波堤」でもあるということ。骨を強く保つために、普段からカルシウムをたっぷりと摂取させてあげたいものですね。

生命維持に欠かせない!カルシウムの3つの重要な役割

ほぼすべて骨や歯に使われるカルシウムですが、今回注目したいのは、実は「残り1%」。全体における割合でいえば、ほんのわずか。でも、この1%こそが意外と重要。カルシウウムは血液や筋肉などに含まれて、生命活動をする上で重要な役割を果たしてくれていることをご存じですか?

「カルシウムが生命活動に……??」という方のために、今回は知られざるカルシウムの働きを、3つ紹介しましょう。

>>働き1)筋肉を収縮させ、神経情報を伝達する

私たちの身体は、意識しなくてもスムーズに動きますよね。動くたびにいちいち、「まずは右腕を上げて、左足を上げて、重心を前に……」なんて考えません。

また、心臓の鼓動もほぼ一定。たしかに、階段を一気に駆け上がったときや、終電に乗り込もうと必死で走ったときなどは、一時的に心臓がドキドキします。でも、時間が経てば元通り。きちんと従来のリズムを刻むはずです。

このように、無意識に動作できたり、生命活動に関わる内臓が常に一定の状態を保ってくれたりするのは、カルシウムのおかげ。「筋肉を収縮させる」「神経情報を伝達する」など、神経や脳の活動を円滑にしてくれるからなのです。

>>働き2)各種ホルモンの分泌や細胞分裂に関わる

消化酵素の分泌やインスリンなどのホルモン分泌にも、カルシウムの存在が欠かせません。また、カルシウムは細胞分裂にも関わっています。

子供の身長を伸ばすためには、骨を伸ばす必要があります。骨を伸ばすための直接の材料は、実はカルシウムではなくたんぱく質。とはいっても、伸ばすためにはホルモンの分泌が必要です。分泌の引き金となるのは、カルシウムなんですよ。また、子供の骨の両端には、骨ののびしろでもある「骨端軟骨」という部分があります。ここが細胞分裂するためにも、カルシウムが必要になります。カルシウムはやはり、子供の成長には大切な栄養素といえますね。

>>働き3)免疫機能の正常化・出血を止める働き

カルシウムには、免疫機能を正常に保つ働きや、出血を止める働きもあります。

慢性的なカルシウム不足は、免疫力低下を招いてしまいます。最近では、「カルシウム不足による免疫力低下が、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の原因になっている」という説も。必ずしも、カルシウム不足がアレルギー疾患に直結するわけではありませんが、注意したいものですね。

また、出血した血がちゃんと止まるのも、カルシウムのおかげ。カルシウムが原料となって、血液を凝固させる成分ができるため、血が出ても止まるのです。育ちざかりの子供には、ケガがつきもの。すみやかに止血するよう、カルシウムをきちんと摂っておきましょう。

食生活の見直しを!大豆製品や小魚、緑黄色野菜が重要

骨を丈夫にするだけではなく、生命活動の維持に役立つカルシウム。ついカルシウム摂取となると、牛乳を連想してしまいますが、牛乳はカロリーが高いのが難点。肥満気味になると成長ホルモンの分泌が減り、背の伸びがゆるやかになる恐れがあります。できれば、さまざまな食材から、バランスよく摂ることをおすすめします。

たとえば、豆腐や納豆などの大豆製品。骨ごと食べられる小魚だと、おやつにもなりそうですね。また、ひじきやわかめ、のりなどの海草類、小松菜やちんげん菜などの緑黄野菜にも、カルシウムが豊富に含まれています。

そう!実は、カルシウムを摂取するには「昔ながらの和食」がピッタリ!「ひじき煮」や「小松菜とシラスの炒め物」「きのこのあんかけ豆腐」など、日本人の口になじむ和食で、無理なくおいしく、カルシウムを補給してあげてくださいね。

今すぐクリック→【特別版】背を伸ばすためにサプリメントは本当に必要なのか?

■ コロッケひろば推奨!成長サプリメント!

<2016年10月速報> 健康部門 6期連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで6連続受賞!今回、2016夏期「ダイエット・健康部門」の第1位に!

▼ この記事と一緒によく読まれている人気記事はこちら

このページの先頭へ