昔の野菜と今の野菜、ビタミンは「何分の一」?

今の野菜は、昔の野菜と比べて栄養が低下しているというお話をしたいと思います。
農業の効率化のため、1年に何回も農作物を収穫するため、土地が痩せているのと旬でない時期にも収穫するため、今の野菜は昔と比べて、栄養素がかなり低下しています。

例えば、ほうれん草の鉄分は何と昔の野菜に比べておよそ1/6。その根拠となるデータは科学技術庁の日本食品標準成分表。1950年頃のデータと2000年のデータの比較です。
1951年の調査では、13mgの鉄分が含まれていましたが、2000年の測定では、なんと2mgと、比較すると約1/6まで減少してるんですね。

野菜自体の栄養価が、昔と比べて劇的に低下しているという事は、単純に何倍もの野菜を摂らなければならない。今の子供はそういう状況に置かれているといえるのです。

今すぐクリック→【特別版】背を伸ばすためにサプリメントは本当に必要なのか?

■ コロッケひろば推奨!成長サプリメント!

<2018年3月速報> 健康部門 5連続 第1位!

estoremedal

唯一の成長期10代向けサプリメント
「カラダアルファ(α)」
が全国約20,000店の通販ショップが加盟するEストアーで3年連続、通算12回目の受賞!今回、「ダイエット・健康部門」の年間グランプリ1位に!

▼ この記事と一緒によく読まれている人気記事はこちら

このページの先頭へ